メルセデスベンツバンオンラインスペアパーツカタログ

スプリンター

第三世代のメルセデスベンツスプリンターは、adVANceの企業理念の最初の生産車であり、2016ハノーバーモーターショーのコンセプトバンで初めて発表されました。これは、配送車とインターネットの密接な関係を意味し、いわゆるラストマイルを含む商品の配送を促進し加速します。

新しいMercedes-Benz SprinterはIoTコンセプトの一部です。独自のテレマティクスシステムMercedes PRO Connectを使用すると、オペレーターとドライバーの関係が簡素化されます。

そのため、車両監視、運転、高速通信、保守および修理管理、ログブックの8種類のパッケージが提供されます。これにおける重要な役割は、音声制御と10.25インチのタッチスクリーンを備えた新しいMBUXマルチメディアシステムによって果たされます。

Mercedes-Benz Sprinterには多くの新しい内部があります。新しい前輪駆動バージョンが後部および全輪駆動に追加されました-これにより、積載量を50 kg増やし、積載高さを80 mm下げ、バンの使用可能な容積を17立方メートルにすることができました。 20人乗りのバスを含む合計8つの車体オプションを利用できます。トリムレベルの総数は1700です。

もう1つのノウハウは9速オートマチックトランスミッションで、このクラスの配達車両で最初に使用されます。利用可能で最近登場した6速マニュアルギアボックス。 2019年、内燃機関の代わりに、完全に電気的な動力装置を備えたバンが登場しました。

電子運転支援システムのうち、バックミラーにスクリーンを備えた反転カメラ、360度の視野角を備えた駐車カメラ、雨センサー、統合されたウェットワイパーシステムに注意する必要があります。

貨物室を備えたワゴン。

専門的な貨物輸送は常に個別のソリューションです。あなたの目標と目的に応じて、広々とした貨物室を備えたスプリンターバンを注文することができます。また、部分ガラスと後列の座席を注文することもできます。ホイールベースの長さに関する3つのオプション、車体の長さに関する4つのオプション、貨物室の高さに関する3つのオプション、電気駆動装置を備えたオプションのフットレスト、貨物室の壁を天井まで覆い、さまざまな実用的なパーティション自分に最適な車を選ぶことができます。

Vito

Vito vanは、3つの長さと3つのドライブトレインオプションで利用できるクラスの唯一のメンバーです。車輪、貿易、個々の起業家精神、サービス、輸送、タクシーに関するワークショップであっても、新しいVitoはすべてに適しています。

さらに多くの機能

前輪駆動、後輪駆動、4輪駆動のいずれかを選択できる3つの駆動オプション。新しいVitoは、個々の要件に合わせたクラス初の小容量車です。

輸送の専門家。前身とは異なり、最大積載量1369 kg、総重量3.2トンとは異なり、最大120 kgの積載量-新しいVitoには、持ち運びに必要なものがすべて揃っています。

収益性の奇跡。最も経済的なVitoでは、最長2万5,000 kmのサービス間隔で100 kmあたり5.7リットルを消費します。

目標を達成します。自信を持って安全。

安全性が最優先事項です:ATTENTION ASSISTドライバー疲労制御システムや横風の安定化システムなど、革新的な補助システムと安全システムの質量により、新しいVitoバンは高いレベルの安全性を提供します。

ヴァリオ

Mercedes-Benz Varioはかなりシンプルなミッドフレームトラックであり、DaimlerChryslerが懸念する軽商用車です。

Varioは、メルセデスベンツの小型トン数プログラムの最も珍しい代表例であり、視認性、利便性、汎用性などの品質と、最大4.4トンの積載量と最大17.4立方メートルの有効容積を組み合わせています。

Varioは、幅広いタスクに適したソリューションです。さまざまな目的のために多数のボディが装備されています:バンやバス用ボディ、シャーシ、ボディ付きシャーシ、ダブルキャブを含むオンボードまたはダンプトラックなどです。標準または高い屋根で利用可能。 3.5〜8.2トンの総重量。これは、4×2または4×4ホイール配置、複数のホイールベースサイズ(3150〜4800 mm)の多数のバージョンで提供されます。

このプログラムは、ターボチャージと中間冷却を備えた2種類のディーゼルエンジンOM602LAとOM904LAを提供します-5気筒と4気筒の排気量はそれぞれ2874と4250 cm3です。

お客様の特定の要件を満たすために、快適な座席、エアコン、ヒーターからパワーテイクオフまで、さらに100以上のシリアルおよび特別な色の追加機器があります。過酷な条件下での操作には、ロック式のリアおよびセンターディファレンシャルが装備され、ギア比が低い全輪駆動バージョンが提供されます(モデル814DAおよび815DA)。

2000年9月以降、インタークーラーと136および150 hpの直接噴射を備えた4.2リットルターボディーゼルが、新しいVario 618D / 818Dモデルに搭載されました。トルクはそれぞれ520および580 Nmです。要求に応じて、これらのモデルはEuro-3準拠の設計で利用できます。 「充電済み」バージョンでは、容量177 hp ../ 675Nmのエンジンが提供されますが、これはすでに1200 rpmで達成されています。 4x2モデルのすべてのエンジンには6速のマニュアルギアボックスが装備されており、少し後に電子制御付きの5速自動ギアボックスがオプションとして提供されました。